国家と民間、挑戦すべきは…。

実は我が国には、ファイナンシャルプランナー(FP)といっても
2種類の資格が存在します。
ご存じの方も多いかとは思いますが、重要なポイントであり、
効率的な資格取得方法にも関わってきますので、説明させていただきます。

《FP技能士資格:国家資格》
ひとつめが2004年4月に国家資格化された厚労省が認定する「FP技能士資格」。
1、2、3級が存在しそれぞれに試験があります。
3級に受検資格はありませんが、2級には3級合格者か実務経験が2年以上、
もしくはAFP認定研修修了者。
また、1級には2級合格者で1年以上の実務経験がある者、
もしくは、5年以上の実務経験があるものと規程されています。
なお、一度取得すれば資格は生涯有効であり、更新などの必要はありません。

《AFP&CFP:民間資格》
国家試験であるFP技能士に対し、日本FP協会が認定する
AFP
(アフィリエイテッドFP)とCFP(サーティファイドFP)は民間資格。
AFPは、俗に〝普通資格〟と呼ばれ、23ヶ国の国と地域で認められ
世界水準のサービスが手強できるCFPは〝国際資格〟と呼ばれています。
なお、CFPを受検するためにはAFP資格者が条件となるため、
まずAFP資格の取得が必要です。
また、共に日本FP協会への登録が必要で、2年毎の講習と更新が必要です。

国家資格と民間資格を同時に取得できる!

ここで問題となるのが、FP技能士とAFPのどちらを取得するか、ということ。
国際資格であるCFP取得に必要であり認知度も高いAFPは魅力的ですが、
FP技能士の〝国家資格〟という響きと信頼感も捨てがたいと思います。

もちろん、両資格別々の試験や研修があるため、
別々に取得するという方法もあるでしょう。
でも、出題される問題は同じ〝資産運用〟というカテゴリー。
それぞれに対策を練り一定期間勉強するのは、何とも面倒な話です。
が、しかし、ここで、不可思議なFP資格システムの合理的な側面が!
実は2級FP技能士試験はAFP試験を兼ねているという側面があり、
2級FP技能士試験に合格すればAFP資格を取得することができる
のです。

ただし、両資格を一挙に取得するためには2級FP技能士試験の合格に加え、
ある研修を受け修了する必要があります。
それが、日本FP協会による「AFP認定研修」です。
その内容は「独学でAFPは取得不可能」ページで紹介します。


>>予備知識がなくても最短合格できる勉強法とは