独学でAFPは取得不可能!

2P目の最後に、2級FP技能士とAFPを同時に取得するためには、
日本FP協会が認定する「AFP認定研修」を修了する必要があると述べました。
これは、FP技能士試験はあくまで金財が主催する国家試験であり、
日本FP協会が認定するAFPとは基本的に違う資格であるからに起因します。

とはいえ、事前にAFP認定研修を修了していれば、
それが2級FP技能士試験の受験資格となり、
試験に合格した場合にはAFPとして認定が受けられるという
合理的でありつつも実に不可思議なシステムとなっています。
ともあれ、AFP認定研修の学習課目を紹介します。

《AFP認定研修の学習課目》

  1. FP基礎
  2. 金融資産運用設計
  3. 不動産運用設計
  4. ライフプランニング・リタイアメントプランニング
  5. リスクと保険
  6. タックスプランニング
  7. 相続事業承継設計

《AFP認定研修の修了条件》
上記7科目を計68単位以上履修し、かつ〝研修卒論〟的とも言うべき
「(資産設計)提案書」を作成し日本FP協会へ提出。
その内容が協会より60点以上と採点された場合に修了となります。

2資格同時取得は通学が通信講座の受講が必要!

そして、AFP認定研修は、日本FP協会が認定する資格学校及び通信講座で
のみ受講が可能
なため、独学によるAFP資格の取得は不可能です。
すなわち、私が提案する2級FP技能士とAFPの両資格一挙取得を目標とした
勉強法は、資格学校か通信講座への受講が前提となります。

注意すべきは受講する講座です。
資格学校が開設する講座のなかには、すでにAFP認定研修を修了し、
FP技能士試験の合格のみを目的とした方を対象とした講座も存在するため、
受講する講座が確実にAFP認定研修を兼ねた講座であるかどうかの
確認をしてからの受講が必要となります。


>>予備知識がなくても最短合格できる勉強法とは