やる気と集中力を出すウラ技

いかに、受検全体を見通したスケジュールを組み、スキ間時間を捻出する
テクニックを駆使しようとも、その日〝やる気〟が出なければ意味がありません。
通信講座は勉強形態としては独学のため、結局、合格というゴールに到達する
最大の要因となると、受講生のやる気にかかっているのです。

しかし、私が受講した「フォーサイト」は、
そうしたモチベーションの向上と継続にも卓越したノウハウを持っています

このサイトをご覧の方だけに、その一部を紹介しましょう!

《やる気と集中力をアップするウラ技》

①目標を詳細に設定する!
単に「ファイナンシャルプランナー(FP)になる!」だけでは、
理由が欠如しているため、モチベーションは上がりません。
例えば「FPになれば、住宅購入で悩んでいる○○さんの力になれる!」や
「お爺さんの保険を見直してあげる!」など、 より詳細な将来像を思い描くことで
よりモチベーションがアップし、受検勉強にも力が入るはずです!

②小さな目標を達成したら自分にご褒美を!
例えば、「今週末までにこの科目を終了する」、「確認テストで合格点を取る」
などと、ステップ毎に小さな目標を設定し、それを達成したら飲みに行ける、
デート出来るなど、自分にご褒美を与えることも重要。
小さなご褒美を積み重ねが、いつしか合格という大きなご褒美が手に入ります!

③やる気が無くても机に向かえば…
「今日はやる気が出ない」という日は誰にでもあるもの。
ダラダラやるくらいなら、いっそ今日は止めてしまうというのもひとつの手。
しかし、その前に無理矢理机に座り、勉強を初めてみて下さい!
というのも、脳科学的に解明されている事象に「作業興奮」という作用があります。
実は、やる気や集中力は脳の「側坐核」という部位で作られるのですが、
これにはある程度の刺激と時間が必要なのだそう。
ゆえに、やる気が起きない日でも、とりあえず勉強を始めることで刺激を与えると、
いつしかやる気が起こり集中して勉強している自分に気付くことがあるはず。
脳科学を活用すれば、やる気はいつでも起こせるのです!

以上、長きにわたり2級FP技能士試験に関し、勉強法を中心にお伝えしてきました。繰り返しになりますが、いま、日本ではファイナンシャルプランナー(FP)が
不足しています。
是非、みなさんも紹介した勉強法を参考に、合格を勝ち取り、
晴れてファイナンシャルプランナー(FP)として活躍されることをお祈りしています!
それではみなさん、頑張って下さい!


>>予備知識がなくても最短合格できる勉強法とは